読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スルガ銀行ANA支店が「Financial Pass Visaデビットカード」の発行を始める

銀行 サービス

f:id:KoyaM:20150124163623j:plain

地方銀行とは思えないようなサービスを次々と展開するスルガ銀行。そのANA支店が今月14日から、「Visaデビットカード」と「銀行キャッシュカード」と「ANAマイレージクラブ」の3つの機能を兼ね備えた「Financial Pass Visaデビットカード」の発行を始めました。

f:id:KoyaM:20150124155401p:plain

Visaデビットとは、クレジットカードで有名な Visa Japan のサービスで、使用分を銀行口座の中から決済するというもの。クレジットカードのように立て替えしてもらわずに即時決済されるので、審査などはありません。銀行によっては15歳から(中学生は除く)発行できたりと、日本でも徐々に普及し始めています。

原則として銀行口座の残高までしか決済することができないため、使いすぎということがありません。また、決済時にメールが届くため不正使用にすぐ気付くことができたり、更にはインターネットのサイト上で利用履歴を確認できるという利点も。

アメリカやカナダではかなり普及しているVisaデビットですが、国内で発行している銀行はまだ少なく、9行(平成27年1月現在)となっています。その中でも年会費が完全に無料なのはスルガ銀行ジャパンネット銀行あおぞら銀行の3行だけですが、そのスルガ銀行のVisaデビットカードは更に魅力的なものとなりそうです。

今まで、スルガ銀行ANA支店のカードといえば、「ANAマイレージ」(銀行キャッシュカードと楽天Edyの機能付き)と「Visaデビットカード」の2枚でした。

その2枚の機能が「Financial Pass Visaデビットカード」の1枚に統合されるというわけです。

f:id:KoyaM:20150124160825p:plain

「Financial Pass Visaデビットカード」はANAスルガ銀行の両社にとって初となる縦型カードで、空の「青」を基調としたデザインになっています。

カードの付帯保険も「国内外の旅行傷害保険」や「購入商品の破損・盗難被害保険」などと充実しており、スルガ銀行ANA支店の取引でマイルが貯まるといったお得な機能も満載。

ただし、統合前のカードに付いていた楽天Edyの機能はこの統合を持って廃止されているので、もし切り替えをするならば、チャージ分を使い切ってからをおすすめします。

これはやるしかない!! ということで、早速切り替え手続きをしてきました。

f:id:KoyaM:20150124162737p:plain

口座の開設や切り替え手続きなど、詳細はスルガ銀行ANA支店のページをご覧ください!

© 2017 Koya M